2006年04月05日

花散らしの雨


 明日から母親が2泊3日で「琵琶湖さくらめぐりの旅」に
 でるらしい。いーなあ、なんかホテルがすごい豪華だっつー
 話。でも桜の花は咲いているのだろうか。

 うちの近所の川べりの桜並木はすでに満開、散り始めている
 木もある。最近はなんだか桜の名所に指定(だれが指定したのか
 不明)されて、もー平日からすごい人ごみ!露店はでるは商店街の
 店のワゴンはでるは酒屋のカップ酒は売り切れるはで、昔から
 住んでる者にとってはちょっとウソみたいなにぎわい。
 川の水は汚いしみんながレジャーシートひいてすわってる歩道は
 普段は犬のフンだらけなんですけど(人の尿もあるぞ)いいのか?

 なぜかもう何年も前から川に白鳥さんが住みついてる。どこから
 きたのか、北へ帰らなくていいのか。エサをやってるおじさんの
 話だと飛べないらしい。夏は橋の下の日陰にはいって暑さを
 しのいでいるとか。最近の傾向として「野生動物にはむやみに
 餌付けしない」ってことになってるらしいけど、このまま
 小汚い川でパンの耳をもらって暮らすほうがいいのか、
 動物園に保護してもらって北へ帰すのがいいのか、どっちだろ。

 去年の超きびしい寒さで、小笠原諸島までハクチョウが飛んで
 きた、ってTVでみた。島の人は最初はエサをやろうとしたらしい。
 んがそれでは来年の渡りの季節にまた小笠原まで戻ってきて
 しまって生態系がくずれるので、福島県の湖まで運搬して
 放してやったそうだ。それが一番いいと思うけど、飛べないんじゃ
 ねえ。横浜市内の動物園の狭いオリにいるよりは川にいたほうが
 いいのかな。

 なわけで、うちの近所では「しだれ桜ごしにハクチョウを見る」と
 いうよくわからない風景が見れます。ここで画像UPすればいい
 んだろうけどめんどくさいから省略。想像してください・・・

 きょうも「グローランサ」ちょこっと書く。実は第一章はすでに
 決定稿があるんだけど、二章以降はまだあらすじしかできてなくて
 正直困った。んでも人間たまには本気だして集中しないとね!
 がんばるよ。・・・そうか、「がんばる」って言葉は自分から
 発するもので、人からいわれる筋合いのモンじゃないんだ!
 こりゃ大発見!がんばります。

 
posted by 望二花 at 17:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記;この不思議な地球で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。