2005年10月05日

「大酔侠」之別見一格的武侠片!

 近所のツタヤが半額デーだったので借りてきました。

 「大酔侠」 監督 キン・フー
       出演 チェン・ペイペイ(女武士)
          ユエ・ホア   (大酔侠)
          チェン・ホンリエ(玉面虎)

 盗賊一味に捕らえられた役人の兄を救うため、女武士が乗り込んでくる。
 古寺に居座る玉面虎率いる悪党一味、その目的は?!
 なぞの乞食の正体はいかに?!そして女武士の運命は?!
 てな具合の、痛快香港剣戟映画。字幕がなくても判っちゃうストーリーです。

 古き良き時代の正統派武侠映画。チェン・ペイペイは「グリーン・デスティニー」
 でチャン・ツイイーをたぶらかす無敵武闘ババァを演じた人。
 若いころは美人・・・てほどでもないけどカワイイ感じ。
 カンフー映画好きなら見たことある俳優さんがいっぱい出てる。
 
 この映画にはワイヤーアクションはないけど、俳優さんの立ち回りがとても
 美しい。殺陣って大事なんだなあ、と改めて思う。ハリウッドの映画人は
 ラクして見せ場を作りたいがためにやたらめたらワイヤーワークでぶっ飛ぶが、
 殺陣のような地味で修練の必要なアクションをこなせて初めて「俳優」と
 呼ばれる資格があるだろう。ドーピングや整形でパンプ・アップした肉体を
 誇示しといてアクションはスタントマンまかせ〜みたいなハリウッドスターは
 倒錯した存在だ。ジャッキー・チェンがハリウッドには愛想つかすワケだよ。

 この映画、出てる俳優がみんないいツラがまえしてるのはプロに徹した連中
 だからだろう。盗賊一味なんか見ててうれしくなっちゃうほど悪党ヅラな奴ら
 ばっか!ストーリーや設定は「様式美」を貫いている。だから安心して
 面白がれるんだろな。殺陣も様式美のいち要素だもんね。

 とにかく「刀刀見肉!槍槍見血!一場比一場緊!」な一品。
 剣戟シーンがすごいので、日本の時代劇が好きな人にもオススメです。
  
posted by 望二花 at 20:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キネマトグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
というのなら、
ワンチャイシリーズ!

私はサントラまで買ってしまった・・・。
あの無影脚が出るときの音楽、たまりません!

でも、外伝の『鬼脚』はまだ見てないんですよねぁ・・・。とりあえずリンチェイに一票!
Posted by まふぁひと at 2005年10月06日 09:30
ほぉ、まふぁひとさんもカンフー映画好きですか。「鬼脚」面白いですよ。でも主人公の熊欣欣はヒーローって顔じゃないですよねえ。
Posted by もにか at 2005年10月06日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。