2006年04月02日

ベンピッピ

 アリエル・R・ベンピッピ。20世紀の小説家で最も「小説の形式の
 破壊と再構築」に貢献した作家。1958年ブエノスアイレス生まれ。
 病弱な母と酒飲みの父の破滅的な関係のなかで育ったことが後の
 彼の文学に大きな影響を与えていることは批評家だれもが指摘する
 ところである。暴力的な作品の行間からあふれ出る悲しみと透明感
 を感じさせる文体には世界中にファンが多いが、日本ではどの作品も
 未訳。翻訳が待たれる。主な作品:「軍靴のタンゴ」「チョコレート
 の小箱」「牛を焼く」「眼鏡修理人のバカンス」等。

 
 あっグーグルで探してもhitしませんよ、嘘ですから。

 最近は毎朝ミューズリーというものを食べております。シリアル
 みたいなもんだけど、主成分はコーンではなく麦。大麦・燕麦・
 オート麦などのほかに干しブドウ・なつめやし・アーモンド・
 マカダミアナッツ・かぼちゃの種等がザクザク入ってる。
 ハチミツで甘みもうっすらついていて、ナッツの歯ざわりと
 干しブドウの酸味がアクセントになってて美味なのです。

 「牛乳にひたして5分ほど待ちしっとりしたところを食べる」のが
 本式らしいけど、私はヨーグルトにそのままばさばさ振りかけて
 食べてる。ザクザクぼりぼりカリカリむしゃむしゃと噛みしめて
 食べるとおいち〜いんだ。そしてなによりも「腹持ちがする」!
 朝ブルガリアヨーグルトにミューズリー大匙3杯くらいかけて
 食べると昼飯いらず。ヨーグルトの食べすぎ?う〜んそうかな。

 おかげでお通じのいいことったら、写メールしてウ○コの堂々と
 した姿をここにUPしたいくらい!もう気持ちいいくらい出る。
 私は便秘はしたことないけど、便秘に悩む人の気持ちが少しだけ
 わかったような気がするよん。

 昔働いてた職場で、同じ班にすごく根をつめて作業する女の子
 (仮名・A子さん)がいた。仕事は自動車部品の検査。
 ミリ単位の部品にキズや金メッキの欠けがないかどうか、
 ひとつずつピンセットではさんで10倍顕微鏡で念入りにチェック。
 ここでパスした製品は即出荷されるのですごく神経をつかう。
 しかも一日中座りっぱなしで顕微鏡をのぞきっぱなし・・・
 目はチカチカ、腰や背中はガチガチ。
 
 これで残業2時間もすれば帰りはフラフラになるくらいきつい仕事
 だったけど、彼女はまったく手をぬかないで完璧に仕事を
 こなそうと努力していた。休憩のチャイムがなって、みんなが
 へろへろと廊下に出ていっても「今やってるの終えてから行くわ」
 みたいな感じで、みんな「そんな無理しなくても〜」と半分
 あきれてた。

 そんなあるとき、仲間とだべっていたら「A子さん、便秘ひどい
 らしいよ〜、薬とかいろいろ飲んでもひどいときは何ヶ月
 出てこないんだって〜」なんて話題に。そのとき私は全くの素で
 いたもんだから
 「ああ、あの人見るからにそんな感じだよね」 
 と口走ってしまった。そのときは誰も何も言わなかったけど、
 昼休み終わってからはA子さんの刺すような視線が私に!!
 たった30分でなにげに発した軽口が全職場に広まってしまった!
 いや、悪口でいったわけじゃないんですよ、ベンピって大変だな〜
 と思ってこその発言で・・・なんて言い訳できるはずもなく、
 私がその職場をやめるまで彼女は一言も口をきいてくれなかったす。
 
 いやあ何も考えずに発した言葉ほど核心をつくものはありませんな。
 よいこのみんなは人間関係を円滑にするためにバカなジョークを
 あんまり口走らないようにしましょう。
 ちなみにミューズリーはやたらとすかしっぺが出るようになります。
 そのへんは覚悟して食べてね。ブー。
 
posted by 望二花 at 10:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めしづくへのうへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

♪おでんにクシをサシスセソ〜

 げっぷ。食後すぐ眠ると良くないっていうから、ブログでも書くかのう。
 
 最近個人的にハマっている食べ物があります。それは「おでんそば」!
 以前このblogで紹介した「被差別の食卓」って本で知ってから、いつか
 食べてみようと思ってたけど、これが存外うまい。
 あの本じたいは問題の掘り下げ方が中途半端でヘボい本だけど、紹介されてる
 知られざる食事の数々はじつにうまそうで、食欲&好奇心をそそるんだよね。
 
 おでんそばとは、屠畜場で働く男たちが休憩時間にかっこむもので、名前の通り
 おでんの中に中華めんが入ってる。寒い職場で冷えた身体を手っ取り早く
 暖めてくれて、値段も安くておなかいっぱい。
 職食近接のリーズナブルな食事だそうだ。

 はじめ読んだときは「おでんだしに中華めん?げっ気持ちわるっ」と思った。
 実際あの本の著者の奥さんも「うどんなら許せるけどラーメンなんて」と
 拒否反応を起こした、と書かれている。
 私も最初はうどんで作ってみた。
 レトルトのおでんを温めて、湯通ししたうどんを加える。う〜〜ん、微妙。
 まずくもないがうまくもない。おでんだけにしておけばよかったと後悔・・・
 それからしばらく忘れていたけど、先日近所の古本屋で「おそ松くん」を
 19冊購入して一気読みしたら、モーレツにおでんが食べたくなったザンス!

 チビ太のおでんはこんにゃく・大根・ちくわぶで構成されていると信じてたけど、
 あれにも諸説あって、はんぺん・玉子・なると説、こんにゃく・がんも・厚揚説
 などの組み合わせもありうるとか。へぇ〜。はんぺんやがんもみたいに軟らかい
 具は串に刺しづらいと思うけどなあ。ちぎれて落ちそうだし。(おでんの具に
 なるとを入れるのは初めて知った。そういう地方もあるのね)

 ともかくおでん欲は高まる一方で、かといってコンビニおでんは危険なので
 (元コンビニバイトの私の証言を聞きたい方はリクエスト下さい)
 スーパーでレトルトのおでんを購入。そのときためしに中華めんも買ってみた。
 おでんを温めて、まずはそのまま食す。おいち〜い。大根が薄っぺらだけど・・・
 具が少なくなったところへ湯通しした中華めんを入れる。恐る恐る試食。
 
         「 こ、これは 新しい味だ!」

 おでんの昆布だしがきいたおつゆに中華めんの歯ざわりが妙にあう!しかも
 さっぱりしてて後味がしつこくない。こんなおいしいものが世の中にはまだ
 いっぱい知られないままあるんだろうなあ、と感慨にふけったのでした。
 
 そういえばあの本には「あぶらかす」というものもでてきた。牛の腸を輪切りに
 したものを油で2度揚げする。そうしてできたのが「あぶらかす」で、うどん等の
 具にする。揚げ油はさまして固まったのを「ステーキ用牛脂」に加工するらしい。
 そういえば肉売り場にみんな同じ形の牛脂がサービスで置いてあるなあ。
 もともと牛脂を取る作業の副産物が「あぶらかす」なのか、
 「あぶらかす」を作るほうがメインの作業なのか、そのへんもあの本を読む限り
 明確ではない。まったくハンパな本だ。つかえね〜。

 レトルトおでんは¥200くらいで買えるし、中華めんは¥60くらいだから
 びんぼー人にはありがたいレシピだすな〜ホエホエ。
 もにか軍曹も強く推薦するところであります!
 

 
posted by 望二花 at 00:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めしづくへのうへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

肉!肉!

 今日の晩御飯はゴーカでした。ステーキ!しかも2枚!豚ロースじゃないよ
 正真正銘のオージービーフ!近所のスーパーで2枚¥500だったんだもんね。
 サラダ菜とルッコラのサラダと、よくアメリカ映画で見るようにマッシュポテトの
 山盛りをそえてみました。イタダキマース。

 一枚目はうまくてむはむは食っていたけど、やっぱり2枚目になったらもう
 いやになってきた。せっかく特製ステーキソースもかけたんだけど、もう
 かんべんしてくださいって感じに。考えてみればシオコショーで焼いただけの
 肉だもんな、そんなに超うまいわけないよね・・・もったいないから全部
 食べたけど、もう半年くらいはステーキは見たくないや。

 しかし「ステーキ=ごちそう」とみんな漠然と思っているわけだけど、本当に
 ステーキはごちそうなのだろうか?ごちそうなら付けあわせにやっすいマッシュ
 ポテトをどっちゃり盛ったりはしないと思うけど。普通のアメリカ人にとっての
 ステーキは日本人の何に相当するのか知りたい。

 明治時代に肉を食べる習慣が広まったときに「肉食=文明開化=イケてる!」
 というイメージが先行したことと、昔からの「肉を食うと精がつく」という
 信仰などがないまぜになってステーキごちそう説ができたっぽい。
 牛鍋というのも最初はステーキほどの厚さの肉をネギと味噌味で煮込んでいたとか。
 (今でも横浜の牛鍋屋「大田なわのれん」では牛肉が角切りででてくる。
 いつか新聞のコラムで読んだときは『先代主人がめんどくさがりでぶつ切りで
 出していたので』と書かれていたけど。行ったことないな・・・行きてー)
 また牛鍋は書生など若い男性が店に食べに行く、「外食産業」だったらしい。
 ご家庭で肉を食うのはまだまだ気まずい&汚れたものだったらしく、
 仏壇の扉をしめてお札を貼ってからしめやかに食したという。
 (このへんは内田百ケンの随筆にくわしく書いてあって面白いよ)
 このへんの「牛肉食うのは最先端!」「精がつくぜ!」というイメージと
 新生日本を背負って立つ明治の若者たちがモリモリ食べたおかげで
 「肉=ごちそう」のイメージができあがったのでありましょう。

 アメリカ人にとってのごちそう、フランス人にとってのごちそう等々、各国の
 ごちそう観の違いを調べてみたら面白いと思うな。TVで2時間スペシャルで
 やってくれないかしら。わたしにとってのごちそうはなんだろう・・・
 ひな祭りのちらし寿司とカルピス(小瓶)かな?ばんじゃーいって気持ち。
 
 明治の肉食についてはこの本を参考にしました。面白いよん。
posted by 望二花 at 23:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めしづくへのうへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

人は食べずとも生きられる?

 最近まともなごはんを食べてないなあ。一日一食状態。おなかもすかない。
 まあほとんど家でぼんにゃりしてるからかもしれないけど。
 先日これではいかんと思い朝食をしっかり摂ったら気持ち悪くなって、
 しまいに腹痛までしてきた。わたしの内臓はもう「節食モード」に入って
 しまったらしい。これでいいのだろうか。
 
 と、思ったけどごはんを食べなくなってからアトピー性皮膚炎のかゆみが
 すごく軽くなった。毎日風呂あがりに軟膏を塗らないとカユくて眠れなかった
 のに、今は3日くらい薬なしでも平気。なんでだろ?

 よく「一日30品目をとれ」「毎食きちんととる」とか言うけど、人類史上
 庶民が一日三食食べられるようになったのは20世紀に入ってからだし、
 それも世界的に見ればごく一部の国民だけにすぎない。現代でも飢えに
 耐えて生活している人間のほうが多いだろう。一日30品目論は机上の
 空論というかひょっとしたらトンデモ理論なんじゃあるまいか。

 肉体労働でなければ粗食でもまったくさしつかえないし、食事をとらない
 ほうが頭が冴えるというか感覚が鋭敏になってくる。デスクワークなら
 そのほうが能率も上がるかもしれない。
 以前勤めていた職場で半導体製品の検査をしたことあるけど、一日8時間
 顕微鏡をのぞきっぱなしな仕事でほとんど身体を動かさない状態だった。
 だから昼食後は眠くて辛くて拷問のようだった。私ら派遣社員が必死で
 睡魔と闘いながら作業しているのに、社員の女の子は顕微鏡に片目を
 押し当てたままぐっすり眠ってたっけな、それも毎日。注意されて起きると
 目の回りに顕微鏡のレンズのあとがパンダみたいに付いていた。
 もしいつか彼女と再会することがあったら後頭部にドロップキックを
 お見舞いしてあげようと心から思う。

 そーいえばそこの会社の親会社が社員の評価を104段階?にわけて、
 下位にいる社員には遠慮なく退職勧告する、なんてニュースを見たなあ。
 毎週業務改善案提出を義務づけるとか・・・彼女はあの会社で生き残って
 いるのだろうか。毎週業務改善案を提出しなければならないと、そっちが
 気になっておちおち仕事もできなくなるのでこの制度は廃止しましょう、
 なんて業務改善レポート出したりしてねw。

 小説家の内田百ケンが『空腹でいる状態は快感であり、昼飯を腹いっぱい
 食べると重苦しいのと自分の食い意地の汚さに腹が立ってくる』と
 書いていたけどまったく同感。空腹がいい、とか言いつついざ食事どきに
 なると天丼とか鰻飯とかうまいもん食いたいと思ってしまうその浅ましさが
 腹たつのよね。

 と立腹しながらやっぱりうまいものを食べ続けた百ケン先生はエライ。
 こんな本まで出てるし。仙人みたいにならないとこが素敵ですぅ。
 私も寿司ならいつでも食べたいな、やっぱり。辛子飯も。
 
posted by 望二花 at 20:12| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | めしづくへのうへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

みかんとミルクティー

 めっきり秋めいて参りましたが皆様いかがお過ごしのことと存じます(ん?)
 こんな日には濃いミルクティなどを淹れて、モンブランケェキなどでおもてなし
 できればどんなにか楽しいでせうねお父様。
 スーパーではもうみかんが大安売りの季節。小ぶりのみかんを手慰みがわりに
 むきながらTVを眺める、これぞ日本の原風景って感じ。せんべいと
 渋茶なんかをおばあちゃんが出してくれるとなお嬉し。ひざに猫、あるいは庭に
 柴犬がいるともう完璧。最近はTVは2ちゃんねる実況しながら見てるので
 手元がちょっと忙しい。むいたり食べたりキー打ったり。

 ところでPCをメビウスに変えてから1ヶ月くらいたつけど、キーボードの
 タッチがもっさりしていて気に入らない。「なんか」と打ちたいのにんk、
 とかでてきてムカツク。それに単語を入力すると、過去にその単語に引き続いて
 打った言葉が小窓で一覧ででてくるんだけど、それがたまらなくウザったい!
 うざ と入れた時点でウザイ・うざい・ウザ・うざ と表示されるのだが、
 これはいったい何の役にたつ機能なのかさっぱりわからん。文章を書く仕事で
 ビジネスレターみたいに慣用句だけでなりたつような文を作成するとかなら
 便利かもしれないけど。ああやっぱDELLにしとけばよかったかな。

 今日気になったのはメキシコで「マルちゃん」のインスタントラーメンが
 すごい勢いでご家庭に普及して、このままじゃメキシコの伝統的料理が
 滅びちまうぜセニョリータ!ってニュースですな。
 「maruchan」は「すぐできる・簡単にできる」
 という意味の動詞にもなっているとか。む〜どういう活用するのか気になる。
 スペイン語の動詞は語尾が-ar -er -ir の3種類のうちのどれかで終わることに
 なってるのでmaruchan はmaruchar の現在形三人称複数で
 「彼らはマルチャンする」ってことか?
 でも <marchar 行進する> というすでにある由緒正しい動詞の活用形と
 ダブるなあ。う〜ん。
  ・La comida maruhan 食事はすぐできます。
 ・ Carmen es una puta maruchan ! カルメンはヤリマン女だ。
 みたいに使うのかなあ。スペイン語って面白いわホント。

 先日ツタヤで借りた「レジェンド・オブ・メキシコ」はスペイン語がいっぱい
 聞けて面白かった。メキシコヤクザがピアノ教師のレッスンを受けてて、
 「いやってほど練習」って意味で chingarda という形容詞を使った瞬間に
 教師を撃ち殺すところが興味深かったね。chingarは禁句と…メモメモ〆

 ジョニー・デップ演じるCIAがいつも食べる「なんとかビビル」も気になった。
 煮込んだ豚肉のほぐしたものをライスといっしょに食べるあれ。
 値段も安そうだし火が通ってるから食中毒の心配もないしね。
 でも映画はムダに豪華キャストな割にはモッタリしててつまんなかった。
 「デスペラード」のころのバカっぷりはどうしたロドリゲス!
 バンデラスもアクションできない身体になってしまったのが悲しいな。
 彼はハリウッドに来てからどんどん輝きが消えていく。ステレオタイプな
 ラテン系男の役ばっかやらされてるせいだろう。ロクな脚本家がいないのね。
 ジャッキー・チェンの映画をロバート・ロドリゲス監督で作ったらかなり
 面白いことになると思うがどうだろうか?

 ここの人はラーメンをスープで煮込んでご丁寧にもスープを捨てて食ってるけど
 流しに麺がこぼれてるよ!きたねえ〜!全てにおいて間違っています。
posted by 望二花 at 22:02| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | めしづくへのうへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

クーシーンサーイ!


 今日はちゃんとごはんを作ったぞ。空心菜と鶏皮の炒め。これにスープでも
 つけば立派な晩御飯だけど、最近食が細いのでスープは抜き。一人暮らし3年目
 になっても、実家にいたころの癖で4人前の量を作ってしまうのはなかなか
 治らない。料理を一人前だけ作るのはかえって手間がかかるし、難しいもんです。

 最近マイブームの空心菜、中国野菜だけど「鹿児島産」の表示がされてるので
 香港の主婦のように「一晩水につけて毒を抜く」こともしなくてOK。茎の
 ポキポキした歯ざわりが好きだ。肉とかと炒めるよりはこれ単独で塩こしょうで
 さっと炒めたほうがうまいと思う。食べるときオイスターソースをかけると
 より美味美味♪これに焼豚のきれっぱしを添えて、路上でしゃがんでかっこむと
 かつての香港映画のワンシーンのようで、たいした料理でもないのに
 映画に出てくるごはんはなぜあんなにうまそうに見えるのかなあ。

 鶏皮はさっと湯がいて余分な黄色いプニプニの脂を手でむしりとる。
 この脂を冷凍してとっておいてある程度の量になったら「鶏油・がぁゆ」を
 作る。ガーユ(発音違うかも)は中華料理に少量加えると一気に本格的な風味に
 なるので便利ですぞ。

 鶏のアブラ・ニンニク・ショウガ・ネギのきれっぱしを耐熱ボウルにいれて
 蒸し器で蒸す。しばしの時間待つと、香味野菜の風味が熔けあったアブラが
 タップリにじみでてくるので、アブラだけ小瓶などに漉し取っておく。
 チャーハン野菜炒めを作るときに小さじ1/2ていど加えるとナイスですぞ。
 インスタントラーメンにちょこっと入れてもいい。冷蔵庫でけっこう長持ち
 できる。

 ここんとこお肌がガサつくのはビタミン不足のせいかなあ?サプリで補給
 するのはやめて、明日からは野菜+青魚のおかずで改善をはかろう。
 あっ、ハトムギ茶を飲み続けていたらブツブツがだんだん小さくなって
 きたよ!まだ目立つけど、あと3ヶ月も飲めば消えそうな雰囲気です。
 食養生って大切なのねん。これからは菓子パンとかむさぼり食うの止めよう。
 
posted by 望二花 at 23:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | めしづくへのうへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。