2006年04月08日

半額恋愛映画2本

 もう過ぎちゃったけど、ツタヤ半額デーで借りたDVDの感想など。

 「隣の女」うう、また借りてしまった・・・今回は前回と違う視点で
 見れるかなあと思って。

 ごく普通に暮らしていた男の隣の家に、昔付き合ってた女が
 引っ越して(゚Д゚)キタ───!て話なんですけどね。
 女はマチルド、男はベルナール、はじめのうちこそお互い自制しても
 みるけど、あっという間に二人は元のさやに収まり(この言い習わし
 って性的な意味から来てるのかしらん?)どんどん取り返しの
 つかない方向へ走ってしまう物語だけど、この2人が隣同士で生活
 しながらお互いの欲望を満足させる方法はないのか?考えてみた。

 う〜〜ん、家族とか過去や未来はいったんワキに置いといて、
 無名の男と女として週にいっぺんくらいしょぼい部屋でヤリまくる、
 『ラストタンゴ・イン・パリ』方式しかないかな。
 あの映画も公開当時は「背徳!」「タブー!」とか騒がれたけど、
 今じゃ出会い系という名で日常の風景になっちゃってますね。
 時代の流れは早すぎる。

 しかし改めて見てみると、二人の過去への思いがベルナールと
 マチルドとでぜんぜん違う。ベルナールにとっては「若さゆえの過ち」
 というファイルに整理済みだけど、マチルドはベルナールへの
 思いを振り切るために愛情のない結婚をし半年後に離婚、手首には
 自殺未遂の痕跡も残る。いったん肉体関係を再開したあとは
 マチルドはベルナールの強引な行動に押されっぱなし、精神を
 病んでしまう。(私は彼女の精神は正常だと思うけど)。
 
 この映画の主人公は過去ある二人ではなくマチルド一人だったのか、
 と思ってみればベルナールのボンクラっぷりに気づく。マチルドの
 現夫のセリフの通り「男は恋愛についてはアマチュア」なのだ。
 マチルドもスーパーの駐車場でベルナールとキスするまでは
 まさか失神するほど強い思いが残っていたと気づいてない。愛情には
 物理現実の時間軸は通用しないのだ、と気づくのがもっと早ければ
 よかったのにね。

 マチルド役の女優さんがすごく綺麗な人で、トリュフォーがほんとに
 妻にしちゃうのもうなずける。トリュフォーが彼女の美しさに捧げた
 映画なのかもしれない。映画のラスト近く、彼女が横たわったまま
 下着を脱ぐシーンがあるんだけど、その美しいこと。あんなに優美に
 気品ただよう「パンツの脱ぎ方」って見たことないわ〜。練習して
 みようかな・・・
 あとこの映画、「手ざわり」が感じられるのよね。木々の若葉、
 テニスコートの芝、ホテルの床に脱ぎ散らかしたキャミソール、
 普段着の生成りのブラウス、オーガンジーのドレス、みんな
 しっとりと柔らかい手ざわりがしてきそう。そのへんがこの映画に
 「不倫モノ」として責めるでもなく賞賛するでもない静けさを
 もたらしているのではないでしょうか。おわり。

 ウルウルしたあとはスペイン映画「ハモンハモン」。隣同士の国だと
 いうのに何ですかこの恋愛に対する態度の違い!先生怒りますよ。
 ヒロインの女の子(ペネロペ・クルス)行くところ、みんな己の欲望に
 忠実に暴走。全員が全員と恋してしまう、バカ恋愛映画。
 とにかくペネロペちゃんがかわいい!そしてエロ〜い!天使のように
 清純なたたずまいでいながら平気でおっぱい丸出しで駅弁ファック。
 エロかっこいいとかほざいてる某歌手はラックスで百万回シャンプー
 して反省しなさい。

 ペネロペちゃんを誘惑しようとして自分がトリコになってしまう男を
 演じるスペイン人俳優ハビエル・バルデムがすごくいい。
 生ニンニクをぼりぼりかじり、「俺はやるぜ!何かを」と
 全裸になってみたりするマッチョさ200%の汗くさそうな
 野郎なのに、おっぱいを吸うと赤ちゃんみたいになっちゃうでちゅ。

 ハビエル様はスペインでは演技派として有名な☆なのだが日本じゃ
 無名なのがもったいない。アルモドバルの「ライブ・フレッシュ」で
 下半身マヒになってしまう刑事役をやった人、といえば思い出す人も
 いるかも。この方も人材不足なハリウッドから出演オファーが
 ガンガン来てるらしいが、ステレオタイプなラテン系男役ばっかり
 やらされてるアントニオ・バンデラスの二の舞を踏まぬよう、
 アメリカなんかに行かないでがんばってほしいと願う。

 ハビエル・バルデムにしてもジェラール・ドパルドューにしても、
 見た目いかついマッチョ風な男だけど、それとはうらはらな繊細な
 表情を素直に見せるところがいいですね。あんまり日本の男性には
 いないですなーそういう人は。日本の男性はカッコつけすぎだと思ふ。
 もっと泣いたり笑ったりしてもいいんじゃないかな、正直に。
 

 
posted by 望二花 at 18:01| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | キネマトグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

この映画がみたいっ・・・てほどでも

 今日は気分がラクだ。雨が降ると気持ちがおちつく。

 24日からツタヤ半額のメールが来た。自分はなぜか借りたビデオを
 全部見ないで返却期限を迎えることが多い。借りるときは「よっしゃ〜
 見まくるデェ〜!」って意気込みムンムンなんだけど。なんだかんだで
 4枚借りると2枚見ず、3枚かりれば1枚見ずなまま返却期限が・・・
 「返却いくのめんどくさ〜」とうじうじしてて、結局見てもいない
 DVDの延滞料金を払ってる。バカジャネーノ?

 こうなる原因は
 1)借りるDVDのジャンルがバラバラで統一感がない
 2)必ずカンフー映画がまじるのでその後に恋愛モノなんか見る気が
   起きない
 3)昔映画館で見た映画をなぜかまた借りてしまう
 4)できれば名作を見たいがどれが名作かわからない
 という要因があると思われる。
 ひょっとしたら「映画自体が好きじゃない」のかもしれないなあ。
 
 昔付き合ってたでぶっちょの彼氏はすんごい映画オタクで、
 一日の日課が「朝5時起床、DVD鑑賞、洗面、出社〜
 帰宅、風呂、DVD鑑賞(2枚か3枚)」なんてとんでもねー
 やつだった。そこまで映画にのめりこめる動機ってなんだろね?
 一緒にアキバにでかけてプロジェクター買ったはいいけどスクリーン
 買うお金が足りなくて、白いビニールのテーブルカバーを部屋の壁に
 画鋲でとめたらビニールが伸びてへろへろになったりした、おまぬけな
 思い出がありまんもす。

 それはともかく半額ですよ。なんか面白い映画ってないですかね。
 最近の聖林映画はむかしの映画のリメイクorCGバリバリのノータリン
 マンガ映画ばっかしで、タダでも見ませんって言いたくなるよなあ。
 犬全員が助かる「南極物語」ってそれはどーなの?
 最近ジャッキー・チェンも老いが目立ってきて、ニコラス・ツェーと
 組んだ新作はかなり辛かった。つーか警官たちの殺され方が陰惨で、
 ジャッキー映画は笑いながら見たい派の自分は途中で見るのを
 止めちゃいました。ニコラス・ツェーはかっこよかったけど。
 結局また古い香港映画ばっかり借りてしまいそう。
 「男挽歌シリーズ」とかさ。
 借りたいDVDをメモっとこ。オレもその映画好き!とか
 こんなのもあるで!とかいうコメントがあったらお待ちしております。

*ブッチャー・ボーイ 少年のままでいようとしたらキチガイ扱いされた
           男の子のせつない物語
*ハモンハモン    有名になる前のペネロペ・クルスがおっぱい丸出し
           で野外駅弁ファックしてるヘンな映画。
*夜になるまえに   私のイチオシ男優ハビエル・バルデムがじいさん役
           で熱演!駅弁ファックはもうできない。
*ポゼッション    イザベル・アジャーニが大王イカとセックス
           しまくるが満足できないでベルリンの地下道で
           おもらしダダ漏れ。(私のいちばん好きな映画)
 まあ、たぶんこれらは借りないだろう。ツタヤ港南中央店でてけとーに
 みつくろってきますわ。
posted by 望二花 at 12:45| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | キネマトグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

この映画が見たい!

 「テレーズ」って映画が見たいんだけど、DVDはナシ、ビデオも大昔にいっぺん
  でたきりで廃盤ぽい。カンヌ映画祭審査員賞まで受賞した名作なのになぜ
 こんなひどい扱いなんじゃろか。たしかに地味な作品ではあるけど・・・。
 
 今頃の季節に見るにはイチオシの映画。なかでも尼僧院でクリスマスを祝う
 シーンが大好きです。
 尼僧たちが普段の労働時間に作った木彫りの燭台や刺繍いりのハンカチなど、
 質素なプレゼントを交換しあって賛美歌を歌うシーン、こんな清らかな時間を
 自分もすごしてみたい、と何度見ても思っちゃう。
 じつは10年以上前、深夜にTV放送されたときに録画したビデオを大事に
 持ってたのに、デッキのなかでテープがこんぐらかってお亡くなりになってしまった。
 今じゃ私にとってまぼろしの映画なのです。あぅあぅ。

 トグサの奥さんじゃないけど、映画は20世紀に限るわね〜と言いたくなる位
 最近の映画はつまらんのう。いくらCGで広大な砂漠や宇宙を見せつけても、
 ワイヤーワークで重力無視アクションをくりひろげても、もう興ざめなだけ。
 お粗末な脚本に想像力不足な演出で、そのうえポリティカルコレクトとか
 年齢制限とかにも配慮してればそりゃつまんなくなって当然だわな。
 
 最近のハリウッドは日本のマンガをあさってネタを探してるらしいけど、
 それなら映画化してほしいものはいっぱいあるぞ。「ゾンビ屋れい子」とか・・・
 私は「荒野の少年イサム」をぜひ真面目に映画化してくれないかな〜と
 かねてから願っているんですが。ワイルドウエストに現れるひとりのサムライ。
 そして彼とインディアンの母との間に生まれた少年イサム。父を探して西部の
 荒野で大冒険!って話、面白そうでしょ。極悪強盗一家や腕利き黒人ガンマン
 ビッグ・ストーンなど個性的な脇役もいっぱいでてくる。クリント・イースト
 ウッドに監督してもらって本格西部劇に仕立ててほしい。

 さっきテレビ東京を漫然とみていて思いついたんだけど、「カンフーアクション
 捕物帖」ってどうかな?舞台はもちろん大江戸で、長崎出島から密出国してきた
 カンフー使いの男とチャキチャキの江戸っ子の岡っ引きとがコンビを組んで
 はびこる悪をぶちのめす!うなる十手!飛び交うよくわかんないチャイナな武器!
 むかしは大江戸捜査網や必殺仕事人みたいな荒唐無稽な時代劇が見れたのに
 最近はないなあ。なんでだろ?話のふくらませ方次第でいくらでも面白く
 なりそうだけどな。座頭市だってジミー・ウォングと戦ったんだし、侍や
 お奉行様がカンフーマスターや偽宣教師と戦っても問題あるまじろ。
 痛快時代劇の復活を望みます!ヨヨヨイヨイ!

 
posted by 望二花 at 14:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キネマトグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

「大酔侠」之別見一格的武侠片!

 近所のツタヤが半額デーだったので借りてきました。

 「大酔侠」 監督 キン・フー
       出演 チェン・ペイペイ(女武士)
          ユエ・ホア   (大酔侠)
          チェン・ホンリエ(玉面虎)

 盗賊一味に捕らえられた役人の兄を救うため、女武士が乗り込んでくる。
 古寺に居座る玉面虎率いる悪党一味、その目的は?!
 なぞの乞食の正体はいかに?!そして女武士の運命は?!
 てな具合の、痛快香港剣戟映画。字幕がなくても判っちゃうストーリーです。

 古き良き時代の正統派武侠映画。チェン・ペイペイは「グリーン・デスティニー」
 でチャン・ツイイーをたぶらかす無敵武闘ババァを演じた人。
 若いころは美人・・・てほどでもないけどカワイイ感じ。
 カンフー映画好きなら見たことある俳優さんがいっぱい出てる。
 
 この映画にはワイヤーアクションはないけど、俳優さんの立ち回りがとても
 美しい。殺陣って大事なんだなあ、と改めて思う。ハリウッドの映画人は
 ラクして見せ場を作りたいがためにやたらめたらワイヤーワークでぶっ飛ぶが、
 殺陣のような地味で修練の必要なアクションをこなせて初めて「俳優」と
 呼ばれる資格があるだろう。ドーピングや整形でパンプ・アップした肉体を
 誇示しといてアクションはスタントマンまかせ〜みたいなハリウッドスターは
 倒錯した存在だ。ジャッキー・チェンがハリウッドには愛想つかすワケだよ。

 この映画、出てる俳優がみんないいツラがまえしてるのはプロに徹した連中
 だからだろう。盗賊一味なんか見ててうれしくなっちゃうほど悪党ヅラな奴ら
 ばっか!ストーリーや設定は「様式美」を貫いている。だから安心して
 面白がれるんだろな。殺陣も様式美のいち要素だもんね。

 とにかく「刀刀見肉!槍槍見血!一場比一場緊!」な一品。
 剣戟シーンがすごいので、日本の時代劇が好きな人にもオススメです。
  
posted by 望二花 at 20:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キネマトグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。