2005年09月20日

2005 2005年夏から秋によめる


 
 ハルシオン春の花にはあらねども掌に摘みわがこころ凪ぐ

 ニューロンをはりつめ夜明けを待ち居れる我が眼に朝日は裁きのごとし

 うれしくもかなしくもなくてのひらに血糊なぶらせ自傷行為す

 白玉の歯にしみとおる秋の夜の珈琲苦く冴えかえりたり

 死のうかとつぶやいてみる心にも何も感じぬ深夜3時か

 

 
posted by 望二花 at 01:47| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | HAIKU&TANKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。